Program

開催概要

開催⽇時︓平成 30 年 8 ⽉ 24(⾦)〜26(⽇)
会場︓ロイヤルホテル宗像(福岡県宗像市⽥野 1303) 他
主催︓宗像国際環境会議実⾏委員会
共催︓宗像市
後援︓環境省、福岡県、
宗像国際環境会議実⾏委員会構成団体︓
宗像観光協会、宗像漁業協同組合、宗像⼤社、筑前七浦の会、宗像環境団体連絡協議会、⼀般社団法⼈九州のムラ、特定⾮営利活動法⼈改⾰プロジェクト、宗像フェス実⾏委員会、キリンビール株式会社、シャボン⽟⽯けん株式会社、新⽇鐵住⾦株式会社、新⽇鉄住⾦エンジニアリング会社、TOTO株式会社、⽇本航空株式会社、株式会社トヨタプロダクションエンジニアリング、⻄⽇本電信電話株式会社、三菱商事株式会社、九州⼤学⼤学院 ⼯学研究院、福岡県⽴⽔産⾼校、宗像市(順不同)

プログラム

8月24日(金) ロイヤルホテル宗像

12:30受付
13:00開会宣⾔ ⼩林正勝(宗像国際環境会議実⾏委員会 会⻑)
主催挨拶 伊⾖美沙⼦(宗像市⻑)
来賓挨拶 ⼩川洋(福岡県知事)
13:15過去の取組み
養⽗信夫(宗像国際環境会議実⾏委員会事務局⻑)
13:30映像で⾒る地球環境
・地球の悲鳴が聞こえる〜頻発する豪⾬と地球温暖化〜 ⽵島史浩(RKB
毎⽇放送株式会社執⾏役員報道制作局⻑)
・プラス 4℃の世界〜信州温暖化のあした〜 永江淳志(TSB 株式会社テレ
ビ信州)
・脱プラスチック社会に向かう世界 ⾦城惇平(KBC 九州朝⽇放送株式会社
報道局報道部記者 )
15:00基調提⾔ 持続可能な社会へ向けて
澁澤寿⼀(NPO 法⼈共存の森ネットワーク理事⻑)
15:40宗像国際環境 100 ⼈会議
助⾔者︓⿊⽥玲⼦(東京理科⼤学/宗像国際育成プログラム塾⻑)、中井徳太郎(環境省総合環境政策統括官)、⽯原進(九州旅客鉄道株式会社相談役)、伊⾖美沙⼦(宗像市⻑)、⼩磯真⼀(福岡県環境部副理事兼環境政策課⻑)
司会者︓葛城奈海(ジャーナリスト)
発表者︓キリン株式会社、シャボン⽟⽯けん株式会社、新⽇鐵住⾦株式会社、TOTO 株式会社、⽇本航空株式会社、株式会社トヨタプロダクションエンジニアリング、⻄⽇本電信電話株式会社、三菱商事株式会社
17:00宗像国際環境 100 ⼈会議
発表者︓宗像環境団体連絡協議会、宗像漁業協同組合、福岡県⽴⽔産⾼校、宗像⼤社、九州⼤学⼤学院⼯学研究院、⼀般社団法⼈九州のムラ
18:00交流会(オテルグレージュ 宗像市神湊 600)

8月25日(土) 宗像大社

9:15宗像⼤社正式参拝、神宝館特別展拝観
10:00受付 第 1 分科会(儀式殿) 第 2 分科会(勅使館)
10:30第1分科会 海と地球環境問題
助⾔者︓エバレット・ケネディ・ブラウン(国際フォトジャーナリスト)、
藤原恵洋(九州⼤学院教授)、原⼝浩⼀(第⼀薬科⼤学教授)
発表者︓実⾏委員会団体、新聞社、地元漁師、海⼥さんなど
座 ⻑︓清野聡⼦(九州⼤学准教授)
第2分科会 環境と経済の融合
助⾔者︓筑紫みずえ(株式会社グッドバンカー代表取締役社⻑)、岩元美智彦(⽇本環境設計株式会社代表取締役会⻑)、中井徳太郎(環境省総合環境政策統括官)
発表者︓実⾏委員会団体、新聞社、地元漁師など
座 ⻑︓花堂靖仁(早稲⽥⼤学知的資本研究会上級顧問)
第 3 分科会 学⽣による海の環境セッション・宗像国際育成プログラム
特別講義
13:00分科会(つづき)
15:00フィールドワーク1 ⽵⿂礁づくり(鐘崎漁港)
フィールドワーク2 漂着ゴミ海岸清掃(さつき松原)

8月26日(日) ロイヤルホテル宗像

9:00宗像国際環境 100 ⼈会議分科会及び学⽣プロジェクトのまとめ
清野聡⼦、花堂靖仁、⽠⽣信汰朗
9:20映像でみる地球環境
海洋アドベンチャー タラ号の⼤冒険2 ー太平洋横断 サンゴの危
機を救え︕堅達京⼦(NHK エンタープライズ エグゼクティブ・プロデューサー)
10:00座談会 Ⅰ ⽔と命の循環
鈴⽊款(静岡⼤学創造科学技術⼤学院特任教授)、岡⽥昌治(九州⼤学特任教授)、都築明寿⾹(都築育英学園理事⻑)、寺崎正勝(九電みらいエナジー株式会社取締役企画本部⻑)、浜崎陽⼀郎(株式会社 Fusic取締役副社⻑)
座 ⻑︓養⽗信夫(⼀般社団法⼈九州のムラ代表理事)
11:30座談会 Ⅱ ⾃然への感謝と畏怖
川勝平太(静岡県知事)、第⼗四代 中⾥太郎右衛⾨(陶芸家)、⼩川三夫(宮⼤⼯)
座 ⻑︓葦津敬之(宗像⼤社宮司)
12:40宗像宣⾔採択