第6回 宗像国際環境100人会議

テーマ
常 若 TOKOWAKA

持続可能な地域社会 ~宗像からの提案~

海の鎮守の森構想

●期 日令和元年8月23日(金)〜25日(日)
●会 場オテルグレージュ、宗像大社、海の道むなかた館、ロイヤルホテル宗像
●主 催宗像国際環境会議実行委員会
宗像観光協会
宗像漁業協働組合
宗像大社
筑前七浦の会
宗像環境団体連絡協議会
一般社団法人九州のムラ(事務局)
特定非営利活動法人改革プロジェクト
宗像フェス実行委員会
キリンビール株式会社
シャボン玉石けん株式会社
日本製鉄株式会社
日鉄エンジニアリング株式会社
TOTO株式会社
日本航空株式会社
株式会社トヨタプロダクションエンジニアリング
西日本電信電話株式会社
三菱商事株式会社
九州経済フォーラム
九州大学大学院工学研究院
福岡県立水産高等学校
宗像市(順不同)
●共 催宗像市
●後 援環境省、福岡県(予定)

 

今年のテーマ「常若」

先人たちは自然の摂理を熟知してそれを循環系のなかで暮らしていた。その自然の中に神々を見出して、自然への抑止力を働かせ多様な生態系と持続可能な社会システムを作り上げてきた。
“常若(とこわか)”とは、衰えることなく、常に若々しくあれということ。伊勢神宮が20年に一度若返るのもこの常若の思想。
宗像国際環境会議実行委員会では、昨年の会議において、「持続可能性というものを日本の、いわば文化的な言葉に置き換えると常若になる。是非宗像から世界にこの考えを発信してはどうだろう」という提言を受け、今年のテーマはSDGs(持続可能な開発目標)を「常若」に読み替え、世界に発信していく。

主だった出演者

中井徳太郎 環境省総合環境政策統括官

中村征夫 水中写真家

二木あい 水中表現家

 

辻口博啓 パティシエ

奥田政行 イタリア料理人

鈴木直登 東京會舘和食総調理長

 

岩元美智彦 日本環境設計会長

 

黒田玲子 東京理科大学教授

 

花堂靖仁 早稲田大学知的資本研究会上級顧問

住田孝之 内閣府知的財産戦略推進事務局長

 

森勇介 大阪大学教授

 

都築明寿香 都築学園グループ副総長

 

岸本吉生 ものづくり生命文明機構常任幹事

 

間宮淑夫 内閣官房内閣審議官

 

エバレット・ケネディ・ブラウン 写真家

 

平野秀樹 青森大学教授

 

山田吉彦 東海大学教授

 

伊豆美沙子 宗像市長

岡野隆宏 環境省企画調査室長

 

高橋博之 日本食べる通信リーグ代表理事

 

平澤(阿曇)憲子 志賀海神社権禰宜

 

岩熊正道 RKB毎日放送取締役

 

浜崎陽一郎 Fusic取締役副社長

 

清野聡子 九州大学大学院准教授

 

西内ひろ フィリピン観光大使

 

アン・クレシーニ 北九州市立大学准教授

 

入戸野真弓 筑邦銀行デジタル戦略担当

 

権田幸祐 宗像鐘崎漁師

 

葛城奈海 ジャーナリスト

 

葦津敬之 宗像大社宮司

 

福島敏満 むなかた水と緑の会代表

 

瓜生信汰朗 長崎大学ながさき海援隊

 

小林正勝 宗像国際環境会議会長

 

養父信夫 宗像国際環境会議事務局長

お申し込みフォーム

●申込締切日は、8月16日(金)17:00です。
●参加を希望する場合は、下記フォームよりお申し込みください。(事前申込必須)
●申込内容を修正する場合は、info@munakata-eco100.net まで、お問い合わせください。
●参加費及び弁当代は、会議当日に参加受付にてお支払いください。

■お客様情報

氏名(必須)
ふりがな(必須)
所属団体名(任意)
電話番号(必須)
メールアドレス(必須)
性別

■参加項目
<1日目>

会議
参加費:
1,000円
学生:
500円
交流会
6,000円



<2日目>

分科会
参加費:
1,000円
学生:
500円
昼食
弁当代
1,000円

フィールドワーク
生年月日




<3日目>

シンポジウム
参加費:
無料

備考(任意)

スパムメール防止のため、こちらのボックスにチェックを入れてから送信してください。

 

その他お問い合わせは、info@munakata-eco100.net まで