第6回 宗像国際環境100人会議

テーマ
常 若 TOKOWAKA

持続可能な地域社会 ~宗像からの提案~

海の鎮守の森構想

●期 日令和元年8月23日(金)〜25日(日)
●会 場オテルグレージュ、宗像大社、海の道むなかた館、ロイヤルホテル宗像
●主 催宗像国際環境会議実行委員会
宗像観光協会
宗像漁業協働組合
宗像大社
筑前七浦の会
宗像環境団体連絡協議会
一般社団法人九州のムラ(事務局)
特定非営利活動法人改革プロジェクト
宗像フェス実行委員会
キリンビール株式会社
シャボン玉石けん株式会社
日本製鉄株式会社
日鉄エンジニアリング株式会社
TOTO株式会社
日本航空株式会社
株式会社トヨタプロダクションエンジニアリング
西日本電信電話株式会社
三菱商事株式会社
九州大学大学院工学研究院
福岡県立水産高等学校
宗像市(順不同)
●共 催宗像市
●後 援環境省、福岡県(予定)

 

今年のテーマ「常若」

先人たちは自然の摂理を熟知してそれを循環系のなかで暮らしていた。その自然の中に神々を見出して、自然への抑止力を働かせ多様な生態系と持続可能な社会システムを作り上げてきた。
“常若(とこわか)”とは、衰えることなく、常に若々しくあれということ。伊勢神宮が20年に一度若返るのもこの常若の思想。
宗像国際環境会議実行委員会では、昨年の会議において、「持続可能性というものを日本の、いわば文化的な言葉に置き換えると常若になる。是非宗像から世界にこの考えを発信してはどうだろう」という提言を受け、今年のテーマはSDGs(持続可能な開発目標)を「常若」に読み替え、世界に発信していく。

お申し込みフォーム

男性女性



 参加不参加
参加不参加

 参加不参加
ありなし

竹魚礁作り漂着ゴミ清掃不参加


 参加不参加
ありなし

 

その他お問い合わせは、info@munakata-eco100.net まで