宗像国際環境100人会議 宗像国際環境100人会議

宗像国際環境100人会議とは

「宗像国際環境100人会議」は、海をメーンテーマに、世界の各分野で活躍するリーダーや、学識経験者たちが集まり、地球環境問題について解決策を協議するフォーラムです。また会議には中・高・大学生たちも参加し、次世代の真の国際人を育成することも期待しています。

1回目はIPCC(気候変動に関する政府間パネル)のパチャウリ議長、ノーベル平和賞を受賞したラモス元東ティモール大統領、スウェーデンのスヴィンソン海洋・海・水担当大使らも参加いただき、2回目はその成果として「宗像宣言」を採択し、宣言文を山本前環境大臣に提出、さらには日本ユネスコ協会を通じてユネスコ本部にも提出しました。3回目からは地元宗像で宗像国際環境会議実行委員会を組織し、1,2回目でグローバルな視点で議論したことを、宗像で実践していく〝Think Global、Act local〟を合い言葉に、竹魚礁作り、漂着ゴミ清掃などにも取り組んできました。

4回目となる今年は、“大いなる海 生命の循環”をテーマに掲げプログラムを構成し、初日は、世界の環境について映像を見ていただき、それからシンポジウムを行います。

会議2日目には、恒例となりましたフィールドワークを行います。今回も海女の発祥の地・鐘崎の海に福岡県立水産高等学校アクアライフ科の生徒たちが行ってきた「豊かな海づくりProject-T」の取組みの中から、廃竹の伐採~竹漁礁の組立~海中設置までの一連の取組みを皆さまと一緒に行って頂きたいと考えています。また白砂青松のさつき松原及び大島の遙拝所の下の海岸に打ち寄せられる漂着ゴミの清掃も行います。

3日目は 特別上映として『地球交響曲 ガイアシンフォニー』の中で、宗像の取組みにもインスパイアを与えてくれる作品を選んで上映いたします。その後、市民公開シンポイズムを行ない、海の環境、更には海につながる川、里、森の環境について、私たちが今、これから何をすべきか について語り合い、最終的により実践的な行動目標を記した『宗像宣言2017』としてまとめていきます。

spacer

主催
 宗像国際環境会議実行委員会

【宗像国際環境会議実行委員会構成団体】
宗像観光協会、宗像漁業協同組合、宗像大社、筑前七浦の会、宗像環境団体連絡協議会、一般社団法人九州のムラ、特定非営利活動法人改革プロジェクト、宗像フェス事務局、株式会社ジェイワーク、キリンビール株式会社、シャボン玉石けん株式会社、新日鉄住金エンジニアリング、新日鐵住金株式会社、TOTO株式会社、日本航空株式会社、三菱商事株式会社、PJP Eye 株式会社、一般社団法人UMI・SACHI推進会議、株式会社ジェイワーク、九州大学大学院 工学研究院、宗像市(順不同)

共催
 宗像市

後援
 環境省
 福岡県
 福津市

News&Topics

2016/09/02

環境会議2日目に設置した竹魚礁の今。

今年開催した『宗像国際環境100人会議2016』のテーマは、「知る」・「考える」・「行動する」。 そこで会議2日目に「海・・・

2016/08/24

宗像の森川里海から世界へ 2016宗像宣言

会議3日目に「宗像の森川里海から世界へ 2016宗像宣言」を発表致しました。その全文を下記にご紹介いたします。 宗像の森・・・