Guest

第1日目 8月23日(金)

地域循環共生圏

中井徳太郎 環境省総合環境政策統括官

東京大学法学部卒業。大蔵省入省後、主計局主査などを経て、富山県庁へ出向。日本海学の確立・普及に携わる。その後、財務省理財局計画官、財務省主計局主計官(農林水産省担当)などを経て、東日本大震災後の2011年7月の異動で環境省に。総合環境政策局総務課長、大臣官房会計課長、大臣官房秘書課長、大臣官房審議官、廃棄物・リサイクル対策部長を経て、2017年7月より現職。

 

常若の海は今

中村征夫 水中写真家

19歳のときに水中写真を独学で始め、31歳でフリーランスとなる。1977年、東京湾に初めて潜り、ヘドロの海で逞しく生きる生きものに感動、以降ライフワークとして取り組み現在に至る。テレビのニュース番組、新聞報道の経験も豊富。それらの体験を生かし、様々なメディアを通して海の魅力や、海をめぐる人々の営みを伝えている。

 

二木あい 水中表現家


ギネス世界新記録「洞窟で一番長い距離を一息で泳ぐ」2種目樹立。
海中世界と陸上世界の架け橋としてバラエティー豊かに海や生物との一体感、繋がりを体現して
いる唯一無二のパイオニア的存在。
私たちは自然の一部であり、地球に生きるものの一員である。彼女の表現は全てにおいて空気ボ
ンベを背負わない、自分の肺一つで潜るフリーダイビング(素潜り)で行っている。それはクジラや
イルカ、海ガメなど海洋生物に一番近い形だからこそ、彼らの日常をありのままに、声なき声の代
弁者として伝えることができると信じているから。
TEDxTokyoスピーカー、2012年情熱大陸「二木あい」ワールドメディアフェスティバル金賞。NHK
特別番組「プレシャスブルー」がシリーズ番組となっており、展覧会を始め、いくつもの雑誌や本ペ
ージを飾っている。

 

海と地球環境問題

伊豆美沙子 宗像市長

山田吉彦 東海大学教授

清野聡子 九州大学大学院准教授

 

海と日本の食文化

鈴木直登 東京會舘和食総調理長

昭和28年9月30日 新潟県にて生まれる。昭和49年 株式会社東京會舘に入社。
新宿区 四谷中学校、千代田区 麹町中学校等、他多数の小学校・中学校の食育特別講師として、食育に携わっている。
平成20年 東京都優秀技術者章(江戸の名工)受章
平成25年 卓越技術章(現代の名工)受章
平成26年 文化庁長官表彰

 

辻口博啓 パティシエ

クープ・ド・モンドなどの洋菓子の世界大会に日本代表として出場し、数々の優勝経験を持つパティシエ、ショコラティエ。現在はオーナーパティシエ・ショコラティエとして、モンサンクレー ル(東京・自由が丘)をはじめ、コンセプトの異なる13ブランドを展開。 
今もなおコンクールに挑戦しており、サロン・デュ・ショコラ・パリで 発表されるショコラ品評会では、2013年~2018年の6年連続で 最高評価を獲得。

 

第2日目 8月24日(土)

海の鎮守の森構想 分科会①

エバレット・ケネディ・ブラウン 写真家

平澤(阿曇)憲子 志賀海神社権禰宜

 

平野秀樹 青森大学教授

九州大学林学科卒。農水省、国土庁、環境省、東京財団を経て、青森大学薬学部教授。国土資源総研所長。離島、海女など国土資源の問題を幅広く研究している。最近の研究テーマは「辺境のドラッグストアーがもつ機能の比較検討~マグロ産地の実態」。

大川香菜 壱岐・海女

林由佳理 宗像・海女

本田藍 宗像・海女

 

宗像地域循環共生圏 分科会②

岡野隆宏 環境省企画調査室長

1997年環境庁(現環境省)入庁。主に国立公園、世界自然遺産の保全管理を担当。阿蘇くじゅう国立公園、西表国立公園で現地勤務を経験。201010月から20143月まで鹿児島大学特任准教授。201412月より「つなげよう、支えよう森里川海」プロジェクトに携わり、自然の恵みの保全と活用による地域づくりに取り組んでいる。20188月より現職。

 

 

高橋博之 日本食べる通信リーグ代表理事

岩手県花巻市出身。ポケットマルシェCEO、東北食べる通信前編集長、日本食べる通信リーグ代表。岩手県議を二期勤め、2013年事業家に転身。「都市と地方をかきまぜる」を掲げ、生産者と消費者をつなぐ取り組みを展開。物語とコミュニケーションで生産者と消費者をつなぐ食べる通信のモデルは、全国38地域、台湾4地域に広がる。著者に『都市と地方をかきまぜる』、『人口減社会の未来学』。

 

入戸野真弓 筑邦銀行デジタル戦略担当

都市銀行に入行。2012年SBIホールディングス㈱入社。2018年より筑邦銀行に着任。デジタル戦略を推進する中で、「地域のお金を地域に還元する」という地域金融機関の意義に立ち返り、「地域通貨」で地域にお金を循環させ、同時に地域通貨が地域の人と人をつなげる役割になれたらとの思いで日々奔走中。

 

権田幸祐 宗像鐘崎漁師

 

アン・クレシーニ 北九州市立大学准教授

日本在住歴18年。専門は和製英語と外来語。
講演会活動、テレビ、ラジオコメンテーター、執筆活動を行う。
2018年より西日本新聞にて、【アンちゃんの日本GO!】を毎週、連載中。
書籍【ペットボトルは英語じゃないって、知っとうと!?】をぴあより出版。
バイリンガルブログ、「アンちゃんから見るニッポン」を更新中

 

花堂靖仁 早稲田大学知的資本研究会上級顧問

 

ソサエテイ 5.0 分科会 ③

住田孝之 内閣府知的財産戦略推進事務局長

1962年生まれ。1985年東京大学法学部卒業後通商産業省(現:経済産業省)に入省。91年からジョージタウン大学国際政治大学院(93年卒業)。特許庁、環境庁(当時)、経済連携交渉官、知的財産政策室長、技術振興課長、情報通信機器課長、日本機械輸出組合ブラッセル事務所長、資源燃料部長、商務流通保安審議官などを経て、20177月から現職。2018年6月には知的財産戦略ビジョンをとりまとめ。情報通信機器課長時代には、エコポイントの仕組みを実現した。一般社団法人FCAJ理事、グローバルなNPO組織WICI会長としても活動。

岩元美智彦 日本環境設計会長

都築明寿香 都築学園グループ副総長

森勇介 大阪大学教授

福島敏満 むなかた水と緑の会代表

 

浜崎陽一郎 Fusic取締役副社長

 

岸本吉生 ものづくり生命文明機構常任幹事

1985年通商産業省入省。中小企業経営支援課長、中小企業基盤整備機構理事を経て2014年から九州経済産業局長。その後、中小企業政策調整統括官、中小企業庁国際調整官。2003年から2年間、経済産業省の初代環境経済室長を務め、NPO法人ものづくり生命文明機構を2006年に設立、同機構常任幹事。1962年兵庫県生まれ。東京大学法学部卒。コロンビア大学国際関係学修士。

 

岩熊正道 RKB毎日ホールディング取締役

 

学生セッション 分科会④

瓜生信汰朗 長崎大学ながさき海援隊

学生分科会 実行委員長 / 長崎大学水産学部2年生 / 長崎大学 海洋未来イノベーション機構 事務補佐員
2018年、福岡県立水産高等学校卒業。幼少より海洋への道を志し、長崎大学水産学部へ進学。高校時代から宗像国際環境100人会議に参加し、大学進学後は運営メンバーとして関わる。
長崎大学では水産学部の2年生のほか、海洋未来イノベーション機構の事務補佐員として海洋の再生可能エネルギーについての研究を行なっている。ながさき海援隊副代表、縁JOYプロジェクト代表、長崎大学魚料理研究会のアドバイザーを兼任。

 

第3日目 8月25日(日)

常若な社会を目指して

奥田政行 イタリア料理人

間宮淑夫 前内閣官房内閣審議官

昭和62年通商産業省入省。地域振興、エネルギー、産業政策、中小企業政策、通商交渉、大蔵省主計局、経済財政諮問会議事務局、大臣秘書官等幅広い行政分野を経験。経済産業省繊維課長兼ファッション政策室長、資源エネルギー庁省エネ新エネ部政策課長、経済産業省情報政策課長、内閣官房まちひとしごと創生本部事務局次長、特許庁総務部長等を経て、本年7月まで文化政策を担当する内閣官房内閣審議官。

 

高橋政司 ORIGINAL Inc.執行役員シニアコンサルタント

1989年 外務省入省。外交官として、パプアニューギニア、ドイツ連邦共和国などの日本大使館、総領事館において、主に日本を海外に紹介する文化・広報、日系企業支援などを担当。2005年、アジア大洋州局にて経済連携や安全保障関連の二国間業務に従事。2009年、領事局にて訪日観光客を含むインバウンド政策を担当し、訪日ビザの要件緩和、医療ツーリズムなど外国人観光客誘致に関する制度設計に携わる。2012年、自治体国際課協会(CLAIR)に出向し、多文化共生部長、JET事業部長を歴任。2014年以降、UNESCO業務を担当。「世界文化遺産」「世界自然遺産」「世界無形文化遺産」など様々な遺産の登録に携わる。201810月より現職。

 

西内ひろ フィリピン観光大使

10代の頃から、地元福岡を中心に芸能活動を開始し、モデルをはじめ様々な分野で活躍。
2014年ミスユニバースジャパンコンテスト東京大会グランプリ受賞。
ミスユニバースジャパンで準グランプリを獲得し、より精力的にTV・CM・広告へ出演。
ここ最近では、2010年頃より趣味ではじめた世界旅行(ラスベガス、シンガポール、トルコ、イタリア、フランス、スペイン、ポルトガル、モロッコ、グアム、フィリピン等その数35ケ国以上)の様子をインスタグラムでアップし、その自然なライフスタイルが同世代を中心とした女性層に支持され人気となっている。

 

黒田玲子 東京理科大学教授

葛城奈海 ジャーナリスト

葦津敬之 宗像大社宮司

小林正勝 宗像国際環境会議会長

養父信夫 宗像国際環境会議事務局長z